β星 Diary


2016-02-06 ハード基板でのディスプレイキャプチャについて

KAWAIスコアーメーカーで楽譜再生画面を録画することにしました。

普通は、画面キャプチャソフトを、同一PCにインストールして録画することができます。

ところが、KAWAIスコアーメーカーは、ソフト動作の負担が大きいらしく、画面キャプチャソフトの起動や動作が極端に遅くなって実用になりませんでした。

・キャプチャ基板

ドリキャプ DC-HC3PLUS

・インターフェースコンバータ

ドリキャプ DC-HDMI

そこで、2台のPCを用意して録画することにしました。

最初、下図のように接続し、いろい設定を変えたのですがダメでした。

そこで、インターフェースコンバータを追加して、上図のように、音声信号もHDMIから入力するようにしたら、うまくできました。

最初のトラブルについて、あちこち検索しても情報がなかっので、同様にお困りの方の参考のために、ここにアップして置きます。

録画結果はこんな感じです。

https://www.youtube.com/watch?v=9BQtwbI8HRY&feature=youtu.be

画像の説明

2014-04-01 三浦半島サイクリング

観音崎ビジターセンターの海藻観察会のついでにサイクリングしてきました。


2012-12-04 EWI USBで、PCの応答が遅いと感じる方へ

画像の説明

ARIAの設定

うちのPCでは、タンギングで同じ高さの音を繰り返したとき、発音が遅れたり抜けたりしてました。

調べてみたら、別ドライバば必要でした。

▽変更前
ARIA → Preference 
MIDI Devive API: Realtek HD・・・ 
Audio device: MME 
Buffer size:4096 (これ以下に設定出来なかった。)
▽変更点
ASIO4ALLをインストール
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/sequ..
ARIA → Preference 
Audio device API: ASIO 
Audio device: ASIO4ALL v2 
Buffer size:128 
これで、吹いたらPCが瞬時に反応するようになりました。

2012-12-02 電子楽器とパソコンソフト

画像の説明

電子楽器

3年ほど前から、YAMAHA「EZ-AG」というギターの形をした電子楽器が気に入って弄っていた。

つい最近、また、AKAI 「EWI USB」というウインド・シンセ(これも電子楽器の一種)を買って弄りはじめた。

市販の楽譜集の中から好きな曲を選んで弾いている。

が、曲名や譜面を見ても、知っている曲や好きな曲であることに気が付かないことがよくある。

スコアメーカー

そんなとき、KAWAI 「スコアメーカー」というソフトが重宝する。

これは数年前に買って時々バージョンアップしてきた。

このソフトは、紙面の楽譜を読み取ってデータファイル化してくれる。ファイル化されると、自分で編集できるようになる。

編集といっても、私の場合、紙面の読み取りエラーを修正したり、小音符を別パートに追加する程度である。

そんなことでもやりはじめると編曲の勉強もしたくなってくる。

また、このソフトには、「自動伴奏」機能があって、譜面のコードに従って、伴奏を付けて演奏してくれる。

自動演奏サンプル

「EWI USB」でこれから演奏したいと思う曲を「スコアメーカー」で演奏させてみた。

一部編集したものがあります。

私の演奏ではありません。念のため。

↓
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/DREAM.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/END_OF_THE_WORLD.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/HARBOUR_LIGHTS.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/IT'S_A_SIN_TO_TELL_A_LIE.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/LET_ME_CALL_YOU_MY_SWEETHERT.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/MOON GLOW.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/MR_ LONELY.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/OVER_THE_RAINBOW.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/RED_ROSES_FOR_A_BLUE_LADY.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/SMILE.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/THE_HIGH_AND_THE_MIGHTY.MP3
http://homepage2.nifty.com/conveni/MCY/DREAM.MP3/TOO YOUNG.MP3

譜面集

これらの曲は、次の譜面集の収録曲です。

「ポピュラーソングのすべて」 浅野純編著 (株)全音楽出版社

「スタンダードジャズのすべて①②」 高島慶司編 (株)全音楽出版社

「永遠のポップス①②」 高島慶司編 (株)全音楽出版社


2012-11-30 経絡測定装置完成!

画像の説明 画像の説明

経絡測定装置の試作

昨年末、スピリチュアルマーケット横浜で、手のひらに電極を当てて測定するチャクラ診断コーナーがあって、受けてみた。

私はこの種の安易な測定診断は信用していないが、同行の知人が興味深々だった。

そのとき思い出した。

もう30年ほど昔、鍼灸学校に通学していた頃、本山氏経絡臓器機能測定装置というものに注目していた。良導絡など他の測定方法に比べ信頼性が高いものであった。高価な装置で現在も販売されている。

その装置は、経絡の虚実を判定するのが主目的であるが、同時にチャクラ診断も行っていた。そういう診断チャートが出るのだ。

そのとき、この装置を自作することを思い立った。現在、私はパソコンソフト作りが本業になってたし、電子回路づくりは趣味で昔からやってた。そして、数年前からマイコンプログラムづくりも始めていた。

一人ですべて製作できることに気が付いた。

さすがに電子回路は本業ではないので、インターネットの技術者サイトでいろいろ教わりながら、私独自のアナログ式簡易回路方式で試作を試みた。改造すべき点があるものの一応完成した。

機会を作って被験者10人ほどに対して、測定させてもらった。

出力チャートには、人それぞれ体質や体調を表す傾向がそれなりに表示されていた。

私の場合、年に一度の健診で毎年「不整脈の兆候があり、経過観察。」と診断されるが、心包経-三焦経で逆転はこのことを表しているようだ。

また、上下左右の気の分布が、チェック模様のように偏りがある人が2人いたが、そのうちの1人は昔怪我をして長期間ギプスを付けていた時期があるといい、もう1は最近怪我して好きなテニスができない状態だと言っていた。

研究会

この装置をとくに鍼灸治療家に宣伝したいと思い研究会を開設した。

Mixiの鍼灸コミュで宣伝したが反応がない。

いまは、その宣伝方法を検討中である。

画像の説明 画像の説明

特許申請

それから、また気が付いた。

以前、8年ほど特許事務所に勤務していて、電気関連の特許明細書を書く仕事していた。特許文書作成は得意であった。

今回の試作装置には、測定回路に工夫がある。そこでまた思い立って、先月自分で特許申請した。

電子鍵とやらを15000円で買って、特許庁から申請ソフトをダウンロードして、申請料これも15000円払ってオンライン申請した。3万円もかかった。審査請求はしないつもりである。うっかり、特許が降りたら、年間5万円だか管理費(呼び名違うかも)がかかってしまうのだ。

特許出願やり方分からない方、アドバイス致します。


日記内検索

最近の更新